Collection: 文吉窯

文吉窯(ぶんきちがま)は、九谷の名工として知られる斎田道開の弟子・初代東(ひがし)文吉が明治期に上絵職人として創業いたしました。

現在では本窯工程を持ち、素地造りから絵付完成までの一貫生産の小さな窯元として九谷の産地に存在します。

九谷花坂の磁器粘土にこだわり、ろくろ、型打ち成形、手おこし等の九谷焼独特の磁器製法を守りながら、古九谷の色絵や藍九谷の染付け技法を伝承している希少な工房です。

古九谷や伊万里、海外では古染付や李朝など、その時代の頂点を極めた焼きものを範としながら、現代に合った普段使いの出来るうつわというコンセプトも併せ持ちながら、日々精進しております。

Filter:

Availability
0 selected Reset

9 products

Filter and sort

Filter and sort

9 products

Availability

9 products